世界遺産白川郷と白山白川郷ホワイトリード

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の氏名で、1995時代には五箇山(相倉地区、菅沼地区)とともに白川郷・五箇山の合掌構造集落として、ユネスコの世界遺産(伝統遺産)に明記されました。
「世界遺産白川郷合掌構造長続き財団」などがその長続きにおいてあり、平年2月頃の週末には夜間イルミネーションが行われます。

白川郷では、9月になると温度はジャンジャン下がりふりだし、黄金カラーに染まった稲穂や風にぶれるススキなど、ニュアンスいらっしゃる日本の秋が訪れます。
紅葉は10ひと月中旬間から木々がイエローや赤に色づきふりだし、11月になると村では初霜や初雪のホットが出てくるようになります。

白山白川郷ホワイト取り込み(旧 白山優秀林道)の紅葉は、9月下旬~10月上旬あたり 三方岩岳(標高1,736m)のまわりから、ウルシ・ナナカマド・ナラ・トチ・ダケカンバが紅葉を始め、鮮やかな赤色やイエローがだんだん下りて来る。

そうして、10月上旬~10月中旬 頃に蓮如茶屋(標高1,235m)まわりでの紅葉が見頃となってきます。
この頃には、白山をはじめ周辺の厳しい山中では初雪が降り、紅葉の向こうに冬の訪れが見えてきます。

10月中旬~10月下旬 になると蓮如茶屋から岐阜県内存在単価職場ゲートまでの間で紅葉が見頃だ。
ヘアピンカーブの多いこういう区間では、曲線を折れる度に異なる紅葉が見られます。

最後に、10月下旬~11月上旬間 岐阜県内存在単価職場ゲート(標高770m)周辺に、うまい紅葉が訪れます。

このように白山白川郷ホワイト取り込みでは、長く紅葉を楽しむことができます。ミュゼ福岡西新の美容脱毛なら美肌トリートメント効果アップ